正晃株式会社

MESSAGE ごあいさつ

正晃グループの新たなるステージへの挑戦が始まっています。

2015年10月、正晃グループは持株会社「正晃ホールディングス(株)」をスタートさせ、2016年4月より、学術研究・医療分野の総合試薬ディーラーから次なるビジネスモデル創出に向けて大きく動き出しました。
新体制では、九州沖縄各県と山口県を活動エリアとする正晃(株)、関東・関西エリアの(株)バイオテック・ラボ、北海道エリアの(株)フロンティア・サイエンス、それぞれが各地域に密着した営業を行います。
また、主に医療分野でIT関連事業を全国展開する正晃テック(株)、理化学機器の輸入販売や有機化合物等の受託合成を行う(株)スクラムと共に、各社の特徴を前面に出した多角的な事業展開を行なっていきます。

正晃グループ代表 印正哉

正晃グループ代表 印正哉

このように正晃グループ各社の責任を明確化することで、それぞれの強みを活かしたより効率的な経営が可能になり、我々の目標である全国展開への基盤が確立されました。
国内のみならず海外においても、経済大国となった中国から、成長著しい東南アジアへの積極的な営業展開を図っていきます。
創業時より受け継がれる「誠・正・精」という不変の基本精神のもと、お客様からの信頼とコミュニケーションを何より大切に「商品」と「情報」を提供し、常に”パーフェクト”であることを追求しながら、グループ一体となって一層の飛躍を目指してまいります。

ページトップへ