正晃株式会社

SDGs SDGsへの取組み

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goalsの略)とは、2015年9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求する」ことを掲げて国連総会で採択された国際目標です。下記の17の目標(ゴール)と、更に細分化された169のターゲットから構成されています。

解決を目指す17のゴール

解決を目指す17のゴール

正晃におけるSDGsへの取組み

正晃では、学術研究・医療・産業分野に欠かせない製品の供給等の事業活動等を通じて、 SDGsの達成に貢献してまいります。

学術・研究分野

学術・研究分野

再生医療、スマート社会の実現など先端分野の研究に必要となる試薬や理化学機器・器材・消耗品の提供を通じ、研究活動をサポートします。

学術・研究分野

医療分野

医療分野

ハイテク化が進む臨床検査分野を中心に、各種体外診断薬や検査機器、 各種器材・消耗品の提供を行い、また、各メーカーとの強固なパートナーシップに基づいたタイムリーな情報提供で、広く深く医療に貢献してい ます。

医療分野

ITソリューション分野

ITソリューション分野

医療機関や研究機関向けに画像解析、診断支援、業務支援システムを開発・提供し、医療・研究分野のIT化に貢献しています。

ITソリューション分野

社内における取組み

社内における取組み

  • 社員の新型コロナウィルス感染防止対策
  • 社員の資格取得支援、自己啓発奨励金の拡充
  • 出産や育児・介護をしながら仕事を続けていけるような制度構築
  • 本社空調設備を省エネルギー装置に更新
  • 自然災害時でも安定供給を確保するためのBCP(事業継続計画)対策
  • 一般ごみ減量、リサイクルのための紙類ごみの分別
  • ワークフロー導入によるペーパーレス化
  • グループ全体でのガバナンス強化、コンプライアンス教育の徹底
  • ネットワークを利用したグループ全体での情報や問題の共有

社内における取組み

ページトップへ